HOME > お知らせ

お知らせ

喘息の症状増悪因子

当クリニックは 「呼吸器内科」 ということもあり、 
山梨県内各地から 『気管支喘息』 や 『咳喘息』 の患者様が多く受診されています。
甲斐市、南アルプス市、中央市、北杜市、昭和町や甲府市等の近隣の市町村からだけでなく、
大月市、都留市、富士吉田市、富士河口湖町、忍野村、山中湖村といった
少し遠方の市町村からも受診していただくこともあります。

今回はこれら喘息の症状を増悪させる原因について記載します。
その前に、喘息の症状とは何なのか?というと、
典型的な症状は 咳、呼吸困難(感) と 喘鳴 (擬音でよく 「ゼーゼー」、「ヒューヒュー」 と表される気道が狭くなった音) です。
これらの症状の1つ以上が、特に夜間や明け方、季節の変わり目等、
後述する原因によって出現又は増悪することが多いです。

症状を増悪させる原因は、
 ① アレルゲン (ダニ、ホコリ、カビ、花粉等)
 ② 大気汚染
 ③ 呼吸器感染症
 ④ 運動や過換気
 ⑤ 喫煙
 ⑥ 気象 (曇天、台風、気温の急激な変化など)
 ⑦ 食品・食品添加物
 ⑧ 薬物 (小児喘息では稀だが、成人喘息患者では非ステロイド性抗炎症薬 (一般的には解熱鎮痛剤) で喘息発作が誘発されることがあり、アスピリン喘息と呼ばれる)
 ⑨ 感情変化とストレス、過労
 ⑩ 刺激物質 (煙、臭気、水蒸気など) (タバコ煙に加えて、線香、蚊取り線香、焚き火、花火、調理時やストーブの煙等の吸入)
 ⑪ 二酸化硫黄・黄砂
 ⑫ 月経・妊娠
 ⑬ 肥満
 ⑭ アルコール
 ⑮ 鼻炎
等が挙げられます。 (喘息予防・管理ガイドライン2012 引用)

夏場は、屋外は気温が高く、室内ではエアコンを使用しているので気温の変化があり、
エアコンに付着したホコリやカビ、布団や枕、カーペットや絨毯に付着したダニの吸入による喘息の増悪が危惧されます。
先日台風が接近した際や、2月の大雪の際にも症状が増悪した患者様が来院されています。
(気管支) 喘息や咳喘息の診断には、自覚症状や診察所見が重要ですが、呼吸機能検査は必須の検査です。
思い当たる症状の出現があるようでしたら医療機関を受診して、診断の上治療を受けていただくことをお勧めします。


【夏季休暇 (お盆休み)の診療体制】

2014年の当院の夏季休暇 (お盆休み) は
8月13日 (水) ~17日 (日) です。 
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

尚、
お盆期間中に診療を希望されることになった場合、
当番診療所や診療されている診療所については
当該地域の救急センター (甲府市及び中巨摩東部地区は、甲府医師会救急医療センター:055-226-3399)
か消防署へお問い合わせください。

開院して1年が経ちました

2013年7月1日に開院して本日でちょうど1年が経過しました。

「呼吸器内科」 が山梨県内に少ないこともあり、
山梨県内でも当院がある甲斐市や周辺の甲府市、南アルプス市、昭和町、中央市、韮崎市の他にも
北杜市や笛吹市、甲州市、大月市、都留市、富士河口湖町、富士吉田市、忍野村、山中湖村等
少し離れた所からも来院していただいています。(呼吸器科、竜王、敷島、双葉、峡北、峡中)

症状は咳や痰、息苦しさ (呼吸困難感)、胸部圧迫感 (胸痛)、息切れといった症状の方が特に多く受診されています。
この中には風邪 (感冒) の方、喘息や咳喘息の方が多いですが、気管支炎、肺炎や気管支拡張症、慢性閉塞性肺疾患 (COPD)、間質性肺炎、
肺腫瘍、縦隔腫瘍、非結核性抗酸菌症、自然気胸といった疾患がみられます。(肺気腫、皮下気腫、不整脈、ノロウイルス性胃腸炎、アレルギー、鼻炎)
気管支炎や肺炎の場合、検査によって肺炎球菌やマイコプラズマ、クラミジア・ニューモニエが原因菌と判明し、それに合わせて治療をしたり、
成人の百日咳を患った患者様もいます。
発熱外来 (感染外来) を利用して、発熱を伴う咳や嘔吐等の方は入り口・待合室も別にして、感染性疾患の拡大を予防できるようにしています。

また、健康診断で胸部Ⅹ線異常影を指摘され当院を受診される方もおられ、胸部CTを受診当日に撮影して、できるだけ同日中に結果説明もしています。(日帰りCT)
もちろん必要があれば総合病院へ御紹介して、当院ではできない精密検査や入院治療等をしていただくよう、
医療連携も活用しています。

今後も地域医療に役立てるよう、できるだけ丁寧な診療を心掛けて参りますので
よろしくお願いいたします。



甲斐市在住の方の肺炎球菌ワクチン (予防接種) 助成制度を利用できます

4月下旬あたりから気温も上昇してきて、
気候によっては昼間は半袖で過ごせる日もみられるようになってきました。
インフルエンザの流行はまだ完全に落ち着いてはいませんが、
ピークは過ぎているようです。

当院では、甲斐市在住の方に対して
『肺炎球菌ワクチン予防接種費用の一部助成』 を実施しています。

肺炎は、感染症の中でも最も死亡者数が多い疾患です。
日本人の死因の中でも悪性新生物 (がん)、心疾患に次いで肺炎第3位となっています。
特殊な肺炎を除いて、通常かかることが多い 『肺炎』 は、
主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に入り込んで発症します。
この 『肺炎』 の原因として最も多い病原菌が 「肺炎球菌」 という細菌で、
肺炎の原因の4分の1以上を占めます。
他に多い順にインフルエンザ菌 (インフルエンザウイルスとは異なる細菌です)、マイコプラズマ・ニューモニエ、クラミジア・ニューモニエ
といった細菌が肺炎を引き起こします。
これらの細菌は日常生活の中に存在しており、
抵抗力が落ちてしまった際に感染を起こしやすく、肺炎を引き起こしてしまいます。


この 「肺炎球菌」 による 『肺炎』、いわゆる 『肺炎球菌 (性) 肺炎』 を予防する方法の一つとして、
うがい、手洗い、マスクの他に 肺炎球菌ワクチン があります。
甲斐市では、高齢者の肺炎球菌ワクチン予防接種費用の一部助成を行っており、
当院でも助成制度を利用してワクチンを接種できます。
他市町村在住の方は、それぞれの市町村での対応となります。

助成を受けられる対象となる条件は、甲斐市在住の方で、
 ① 65歳以上の方
 ② 60歳以上で心臓・腎臓・呼吸器の機能障害、またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害を有する方

となっています。

助成の手続き
 ① 甲斐市役所健康増進課 または 敷島・双葉支所地域課窓口で助成の申請をする (印鑑が必要です)
 ② 接種する医療機関に予約して接種

という流れです。医療機関受診時には①で発行してもらった助成券と予診表を持参していただきます。

当院への御不明な点のお問い合わせや、ワクチンの予約については電話 (055-225-5070) でお問い合わせください。

【2014年ゴールデンウィークの診療体制】

2014年のゴールデンウィークは飛び石連休になっております。
当院の診療体制はカレンダー通りで、4月28日以降の休診日は
  4月29日 (火)、5月3日 (土) ~ 6日 (火) です。
  *5月5日 (月) は中巨摩東部地区の診療当番となりますので、9時~17時 (途中昼休みを1時間いただきます) は
    診療しています。
   その他の日のGW休日当番は当該地域の救急センター (甲府市及び中巨摩東部地区は
   甲府医師会救急医療センター:055-226-3399) か消防署へお問い合わせください。
4月28日 (月)、30日 (水) ~5月2日 (金) は通常通りの診療時間で診療しています。

不明な点等ございましたら、診療時間内に電話 (055-225-5070) でお問い合わせください。

山梨県内の PM2.5 の飛散状況

今週は 『PM2.5』 の飛散量が多くなっているとの報道があり、
気管支喘息などの呼吸器疾患をはじめとする病気をお持ちの方は特に気になっていると思います。

では 『PM2.5』 とは何でしょうか?
PM はParticulate Matter の略で、微小粒子状物質という意味です。
PM2.5 とは、大気中に浮遊している粒径2.5μm (マイクロメーター) 以下の小さな粒子のことを指します。
個人差はありますが、人髪の直径が約 70μm ですから大変小さい粒子ということがわかります。
浮遊粒子状物質の 《粒径》 が 0.1~5 (又は10) μm だと人体の健康への影響に関与するとされ、
特に2.5μm以下の空中浮遊物質が健康に大きな影響をもたらすことが指摘されているため、『PM2.5』  が問題となっています。

『PM2.5』 は単一の化学物質ではなく、様々な物質が混合されてできた物質です。
焼却炉やボイラー、自動車等から排出される人為起源の大気汚染の原因物質はもちろん、
自然起源の火山活動時の噴煙や身近なところでは花粉等も 『PM2.5』 に含まれます。

浮遊粒子状物質が無害の場合は問題ありませんが、
金属微粒子や粒子の周りに有害な化学物質が付着している場合は、
特に呼吸器疾患を含めた健康への影響
が懸念されます。
浮遊粒子状物質の気中濃度と健康への影響が関係あるとされているため、
各都道府県等の自治体でPM2.5等の気中濃度を測定し、公表しています。
山梨県では、県内 5 地点で測定して県のホームページから閲覧することができます。
 http://www.pref.yamanashi.jp/taiki-sui/pm25setumei.html

閲覧してみると、今月は2月14~15日の大雪の後、17日から気中濃度が上昇 しているのがわかります (最高値で27日甲府富士見局での40.3μg/m3) 。
健康への影響が見られるのは80μg/m3 以上とされており、
環境基準でも日平均値が70μg/m3 超で行動に対する制約を推奨していますので、
まだ気中濃度はそれらに達していませんが、気中濃度が高い日は外出時にマスクをつける等の対策をとることをお勧めします。
咳や痰、息切れなどの呼吸器症状が出てきた方は呼吸器内科に御相談下さい。




甲斐市、中央市、南アルプス市から肺炎に罹患した方が来院しています

2014年1月下旬から1ヶ月間で、5人の肺炎患者さんが当院を受診されて治療しています。
年齢は20歳代から70歳代まで幅広く、
20歳代:1名/30歳代:1名/60歳代:2名/70歳代:1名、性別は、男性:3名/女性:2名 です。

原因菌は、今のところ3名で判明しており、
肺炎球菌性肺炎:1名/クラミジア (クラミドフィラ) 肺炎:2名 です。 
この中では、南アルプス市と中央市から受診された方が クラミジア (クラミドフィラ) 肺炎、甲斐市在住の方が肺炎球菌性肺炎でした。
1名は胸部CT検査で胸膜炎を併発されていたことが判明しました。

受診された時の症状は様々で、発熱倦怠感 (だるさ) といった全身症状や咳・痰といった呼吸器症状、
また胸痛労作時の息苦しさ血痰がみられた方もいます。
肺炎患者の中には、咽頭痛 (のどの痛み) と咳が治まらないため来院された方もいますので、
風邪やインフルエンザと思っても、
症状が激しかったり、2週間以上長引くようなら他疾患や合併症がないか検査を受けていただくことをお勧めしています。

肺炎の診断は主に胸部Ⅹ線検査、血液検査で確定しますが、
当院では原因菌を検査するのに血液検査の他にも迅速検査キット (肺炎球菌、マイコプラズマ等の検査) を活用しています。 
聴診器による聴診でも5名のうち4名で異常を指摘しています。

ここ1ヶ月で当院を受診された肺炎患者さんは、全員外来通院で内服治療をして治癒 又は 改善傾向です。
重症化しないうちに治療を開始できているため入院治療せずに済んでいると思います。

インフルエンザや風邪の流行時期ですが、似た症状でも肺炎に罹患していることもありますので、注意してください!

甲斐市,甲府市からインフルエンザ患者さん受診されています

先週 (1月27日~2月1日) 1週間で当院をインフルエンザ患者さんが17名受診されました。
インフルエンザA型は2011-2012年シーズン以降 H3N2 (香港型) が主体でしたが,今シーズンは H1N1/2009 も流行しているとされています。
先週6日間で当院を受診されたインフルエンザ患者の17名中15名がインフルエンザA型,
その内8名が迅速診断キットで H1N1/2009 (2009-2010年シーズンのいわゆる新型インフルエンザ) と診断されました。
2名はインフルエンザB型でした。

今のところ当院で診断できたインフルエンザ患者さんは重症化されていませんが,流行してきていますので注意が必要です。
特に気管支喘息やCOPD等の慢性呼吸器疾患,慢性心疾患,免疫不全者 (免疫不全疾患,ステロイドや免疫抑制剤内服中等),体力の低下した高齢者等は
合併症で重症化することがありますので予防が大切です。

インフルエンザの予防法は,感染者と接触しないことが一番ですが,現実的には困難ですので
  ①手洗い,うがい
  ②マスク着用 (可能であれば感染者が着用することも大切です)
  ③予防接種
が大切です。
発熱やだるさ,呼吸器感染症状 (咳,痰,息苦しさ,鼻水など) がみられたら,できるだけ早めに医療機関を受診してください。
抗インフルエンザ薬はいずれも発症から48時間経過後の投与は有効性を裏付けるデータは得られていません。 

当院には感染予防の観点から発熱外来があり,一般外来とは待合室も別になっていますので,
発熱した場合や御家族にインフルエンザが発生して体調がすぐれない場合は,受診前や駐車場からでもに電話で御一報いただければ御案内致します。


甲斐市 内科・呼吸器内科 保坂クリニック ホームページリニューアルしました。

ホームページをご覧いただきありがとうございます。
この度ホームページをリニューアルしました。

寒さも本格的になってきており、咳や痰、風邪などの
呼吸器症状や呼吸器疾患が増えてきています。

空気も乾燥して、呼吸器系の感染症にかかりやすくなりますので
うがい・手洗いをこまめにしてください。



【2013年末~2014年始休み】 のお知らせ

2013年12月29日 (日曜日) ~2014年1月3日 (金曜日) は年末・年始休みとさせていただきます。

12月28日 (土曜日) 1月4日 (土曜日) は通常通り 9:00~13:00 の診療を行います。

よろしくお願い致します。


<<前のページへ1234

アーカイブ

このページのトップへ