HOME > お知らせ

お知らせ

【重要!】当院への受診の仕方~新型コロナウイルス感染拡大防止対策として~

皆様ご存知の通り新型コロナウイルス感染症が
世界中で拡散しており、
日本でも感染者が増えてきています。
山梨県内でも感染者が増加しており、
何とか感染拡大を抑えてできるだけ
重症者を減らしたい状況です。
皆様も感染拡大防止について各々で
注意していただいているのがわかり、
ありがたいと思っております。

今の段階で新型コロナウイルス感染症について
・通常の風邪と見分けがつきにくい
・新型コロナウイルス検査も万能ではない
 (偽陽性者や偽陰性者もいる)
・現時点で有効な治療法はない
・感染力が強い(インフルエンザウイルス以上)
・重症化率がだいたい2~3.5%かそれ以上
 軽症の感染者も多い(無症状の場合もある)
といったことが報告されています。
また、現段階では新型コロナウイルス感染症
よりも風邪等の他の疾患の方が
圧倒的に多く存在しています。

このため、できるだけ重症者を
出さないために重症化しやすい方への
感染を減らすように考えなければ
なりません。

重症化しやすい人は
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患等を
 持っている方
・透析を受けている方
とされています
それ以外の方も絶対に重症化しないわけ
ではありませんが、確率は低くなるよう
です。
当院へ通院される方には呼吸器疾患を
お持ちの方が多くいらっしゃいます。
感染リスクを減らすために、当院でも
できるだけ対策しようと思っています。

①軽い風邪症状だけの場合、できるだけ
 医療機関を受診しない。
 医療機関は基礎疾患をお持ちで
 「重症化しやすい方」がいる可能性
 が高い場所です。また、医療従事者
 からの感染拡大は重症者を増やす恐れ
 が高いと言えるでしょう。

 通常の風邪であれば、少しお辛い症状
 はあるかもしれませんが数日で改善して
 いくはずです。
 但し息苦しさや強い倦怠感があるとき、
 37.5℃以上の発熱が4日以上(上記重症リスク
 がある方は2日以上)続く場合、
 14日以内に新型コロナウイルス感染者が多い
 地域へ行かれた方は、まず居住地域を
 管轄する保健所に電話で相談して指示を
 仰いでください。

②風邪症状で複数の医療機関を受診しない
 万が一、新型コロナウイルスに感染していた場合
 診療した医療従事者から新たな感染者を
 拡大する恐れがあります。このため、
 接触する人数をできるだけ減らした方が
 感染拡大のリスクを下げられます。

 風邪で最初に受診された医療機関や
 かかりつけの医療機関に相談を続けて
 ください。
 もちろん当院かかりつけ患者様は当院へ
 まず電話でご相談ください。

③受診方法(待合室待機時間の短縮)
 当院再診の方は風邪症状の有無に
 かかわらず当日Web又は電話受付を
 積極的にご利用ください。

 診療予約がある方
 予約時間の通りに受診してください
 駐車場につきましたら当院受付に電話
 してください(055-225-5070)。
→順番になりましたら携帯電話に
 ご連絡いたします。
→待合室で待つことなく診察室へご案内
 いたします。

 Web又は電話での当日受付をした方
 順番の約30分前(目安です)に登録した
 メールアドレスか電話番号に連絡がいきます。
→当院駐車場に到着しましたら受付に
 電話してください(055-225-5070)
→順番になりましたら受付から携帯電話
 にご連絡いたします。
→待合室で待つことなく診察室へご案内
 いたします。
 
初診の方
 受付(保険証確認、問診票記入)が終わり
 ましたら順番まで車内やご自宅で
 お待ちいただいても構いません。
 (その旨を受付に伝えてください)

④待合室の椅子のレイアウトの変更
 できるだけ対面で座ることがないよう、
 配置を変更しました。
 このため少し殺風景な駐車場側を向く
 椅子もありますがご了承ください。

⑤発熱、呼吸器症状出現者は別の診察室へ
 呼吸器内科のため、開院時から発熱者を
 他の患者様と接触させないように別入口
 から別の診察室へご案内し診察して
 います。現在は更に管理を厳重にして、
 発熱者待合室には1人(1家族)のみが
 待つようにします。
 このため順番まで車内やご自宅でお待ち
 いただきますのでご了承ください。
 
また、発熱などの感染症状がない方も
 待合室でも咳をすることがはばかられる
 雰囲気があり、周囲に気を使っておら
 れる方が多くいらっしゃいますので
 こちらへご案内させていただきます。
 こちらでの診察時には医師も感染防護
 用の装備をさせていただきます。
⑥風除室の内扉を開放
 上記対策をしてはいますが、無症状の
 感染者が存在する以上完全隔離は不可避
 となります。
 本来は風除室を設けることによって
 待合室に外気との空気の交換を少なく
 して室温等の変動を抑えたり、不快な
 空気の流れを減らすようになっています
 が、現状では待合室を密閉空間にしない
 ために風除室の内扉を開放したままに
 して空気の流れができるようにさせて
 いただきます。
 建物内が寒く感じたり、不快に感じる
 こともあるかと思いますが御理解の程
 よろしくお願いいたします。

④⑤⑥の対応はしていますが、
新型コロナウイルス感染者の中にも無症状の方
や発熱のない方もおられるようですので、
風邪症状がある方もない方も
できるだけ③を利用していただくのが
望ましいと考えます。


上記の様な対応をしていきたいと思います。
ご不便をおかけすることもあるかと思いますが
ご理解の程よろしくお願いいたします。

 
  


【臨時】2020年4月6日(月)休診のお知らせ

誠に勝手ながら
2020年4月6日(月) は臨時休診とさせていただきます。
ご不便、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

*4月7日(火)以降は通常通りの診療となります。

【2019年末-2020年始休暇のお知らせ】

年末-年始の当院の休診日をお知らせします。
患者様方にはご不便をおかけしますが、御理解の程よろしくお願いいたします。
【2019年末-2020年始休暇】

  2018年12月29日(日)~2019年1月5日(日)
 2019年12月28日(土)までは通常通りの診療時間です。
 2020年1月6日(月)以降は通常通りの診療時間です。

例年長期休暇の前後2~3日は混雑することが多く、待ち時間が長くなる傾向にあります。
今年度は診療最終日である12月28日が土曜日のため、
診療している医療機関が普段より少なくなる可能性があり混雑が予想されます。

特に慢性疾患で受診予定を立てることができる患者様はお早めに受診していただくことをお勧めしています。
御協力の程よろしくお願いいたします。
当院を受診されたことがある患者様は、WEB(当院ホームページより)又は電話での当日受付もご利用いただけます。
冬季風邪や気管支炎、肺炎等の呼吸器感染性疾患の患者様も増える時期です。
待合室での待機時間を短縮する意味でも積極的にご利用ください。

年末年始はほとんどの地域で休日当番医が決められています。
年末年始に診療を受ける必要のある場合は、各地域の救急センターか消防署へ当番医をお問い合わせください。
※甲府市及び中巨摩東部地域にお住まいの方は、
 甲府医師会救急センター (☎055-226-3399) へお問い合わせください。



【2019年夏季休暇のお知らせ】(8/21~25)

2019年の夏季休暇 は
8月21日 (水) ~25日 (日) とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
お盆中はカレンダー通り、通常の診療時間で診療しておりますので
よろしくお願いいたします。(祝日、日曜日、木曜日は休診です)



【2019年GW休暇】のお知らせ

2019年のゴールデンウィークは、カレンダー通り
4月28日(日)~5月6日(月)を休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

例年長期休暇の直前・直後は普段に比べて混雑するため、
待ち時間等で受診患者様に御迷惑をおかけすることが多くなってしまいます。
慢性疾患でかかりつけの患者様や長引く症状で当院受診を検討されている患者様は、
休暇前後2~3日は避けていただくようお勧めしています。
また、当院を受診されたことがある患者様(診察券に記載されているIDがある患者様)
は、Web受付(当院ホームページ『当日受付』より)電話受付(055-267-6605)
ご利用ください。(*予約ではありませんので待ち時間は変わりませんが、
待合室ではなくご自宅や外出先で順番をお待ちいただけます)

※GW休日当番医は当該地域の救急センターか消防署へお問い合わせください。
 (甲府市及び中巨摩東部地域は甲府医師会救急医療センター:055-226-3399)

《電話》又は《インターネット》からの診療受付システム導入のご案内

今年は猛暑の夏でしたが、やっと気温が下がってきて過ごしやすい時間帯も
増えてきました。暑い夏を過ごしている時には想像しにくいですが、
この後寒い冬に徐々に近づいていきます。

呼吸器疾患は比較的発症しやすい季節があり、これからの季節の変わり目から
気温が低い冬の間に罹患患者様が増えます。
そのため、これからの時期は具合が悪いのにクリニックの待合室で
お待たせすることが長くなることが多くなり、毎年心苦しい限りです。

この待ち時間ストレスを少しでも和らげられるように
再診患者様の当日の診療受付システムを導入しました。
運用は2018年9月28日(金)からです。
※あくまで当日受付をできるシステムですので、前もっての予約システムではありません
※当院を初めて受診される方はご利用いただけません
このシステムによって
今までクリニックへ直接来院していただき受付して、院内でお待ちいただいた流れを
電話又はインターネット経由で自宅や職場、外出先から受付していただき、
診察の30分前になったら連絡がいく
という形にできます。
今まで院内でお待ちいただいた時間を
家事や仕事、買い物等に利用できるようにするといったイメージです。

予約システムではないためご期待通りのシステムではないかもしれませんが、
総合病院を見ても分かる通り医療の中で時間予約というやり方には限界があります。
少しでも待つだけの時間を減らしたい方、便利と思われる方はご利用ください。

ご利用いただくにあたって
【当院の診察券番号】【誕生日】の入力が必要となります。
事前に診察券をご用意ください。
①電話をご利用の方
   予約番号は 055-267-6605 です。
   音声ガイダンスに従って進んでください。
②インターネットをご利用の方
   当院ホームページに『当日受付』バナーが表示されます。
   バナーをクリックして入力画面へ進んでください。


【診療日、診療時間変更のお知らせ】:2018年10月1日より

2018年10月1日より内科・呼吸器内科 保坂クリニックの診療曜日・時間を変更します。

【変更点】    
                     《変更前》  《変更後》
 水曜日午後  休診     15:00~18:00 診療あり
 木曜日   通常診療    終日休診  
 土曜日午前 9:00~13:00診療 9:00~12:00診療
    午後  休診     15:00~17;00診療

となります。
2018年10月より木曜日が終日休診となりますのでご注意ください。
土曜日は平日に比べて混雑することが多いため、午後も診療枠を設けました。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

睡眠時無呼吸症候群

特に運転をされる職種の方が交通事故を起こしてしまった場合に
マスコミなどに取り上げられることがあったため、
耳にしたことがある方も多いと思いますが、『睡眠時無呼吸症候群』という疾患があります。
呼吸器内科である当クリニックにも「睡眠時無呼吸症候群かもしれないので検査してほしい」といった
具体的な病名を挙げて受診される方も少なくありません。

日本と比べて肥満の割合が極めて高い米国では、閉塞型睡眠時無呼吸症候群 (OSAS) に
罹患している患者数は1200万人に及ぶと言われています。 
日本では、”日中過眠” などの症状のあるOSAS患者が約200万人という調査結果もあり、
それほど珍しい疾患ではありません。

当クリニックのある山梨県は大都市圏に比べると電車などの公共交通機関が少ないこともあり、
日常生活では自家用車で移動する方が多いと思われます。
また、日中に眠気を感じたり、深睡眠の欠如による疲労感・倦怠感 (だるさ) を来すため
運転とは関係なくても仕事に支障をきたしてしまうことも危惧されます。
他にもこの疾患の症状としては、記憶力・集中力の低下起床時の頭痛・頭重感性欲低下・ED
睡眠中に交互に繰り返されるいびきと呼吸停止 (ご家族など周囲の人から指摘されることが多いです)、
睡眠中の体動不眠・中途覚醒夜間頻尿などがあり、日常生活や仕事に悪影響を及ぼすことがあります。

この疾患の合併症としても様々な疾患が挙げられており、
代表的なものとしては、高血圧糖尿病脂質異常症などの生活習慣病、多血症不整脈の他にも
脳血管障害、虚血性心疾患なども指摘されています。

上記の症状に当てはまる方や、年齢が若いのに生活習慣病を指摘された方、治療を受けているのに
改善しない高血圧などがある方は一度検査を受けて 『睡眠時無呼吸症候群』 がないか?を
チェックしてもらうと場合によっては見つかるかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群を疑った場合、当クリニックでは
  ①問診
  ②日中過眠評価の質問票記入 (エプワース眠気尺度)
  ③簡易型ポリソムノグラフィー
などの検査を必要に応じて行っています。
(簡易型ポリソムノグラフィーは、ご自宅で睡眠中に検査機器を装着していただき睡眠中の呼吸状態などの
評価をする検査方法です)







平成27年度 (2015年度) 成人肺炎球菌ワクチンの定期接種について

既にご存知の方も多いと思いますが、2014年10月から 成人肺炎球菌ワクチンの定期接種 が開始されています。
今までも同じワクチンの接種は行っていましたが、国が定める 「予防接種法」 という法律に基づき接種を受けられることになりました。

 定期接種対象者 の条件が2つあります。

1つ目は 年齢 です。
平成27年度成人肺炎球菌ワクチンの定期接種対象者は、
平成27年 (2015年) 4月2日~平成28年 (2016年) 4月1日の期間に
65歳,70歳,75歳,80歳,85歳,90歳,95歳,100歳・・・になる方 です。
分かりにくいので生年月日で確認できるようにすると

65歳になる方 : 昭和25年 (1950年) 4月2日生~昭和26年 (1951年) 4月1日生 の方
70歳になる方 : 昭和20年 (1945年) 4月2日生~昭和21年 (1946年) 4月1日生 の方
75歳になる方 : 昭和15年 (1940年) 4月2日生~昭和16年 (1941年) 4月1日生 の方
80歳になる方 : 昭和10年 (1935年) 4月2日生~昭和11年 (1936年) 4月1日生 の方
85歳になる方 : 昭和 5年 (1930年) 4月2日生 ~昭和 6年 (1931年) 4月1日生 の方
90歳になる方 : 大正14年 (1925年) 4月2日生~大正15年 (1926年) 4月1日生 の方
95歳になる方 : 大正 9年 (1920年) 4月2日生 ~大正10年 (1921年) 4月1日生 の方
100歳になる方:大正 4年 (1915年) 4月2日生 ~大正 5年 (1916年) 4月1日生 の方

となります。
60歳以上65歳未満の方の中でも、
心臓、腎臓もしくは呼吸器の機能又はヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障害を有する方
は対象となります。

2つ目は 今までにこのワクチンを接種したことがない方 です。

当クリニックの所在している甲斐市では対象となる方にお知らせやワクチン接種時に必要となる問診票が輸送されていますが、
近隣でもお知らせは郵送していない市町村もあるので、ご確認いただければと思います。(甲斐市,甲府市,昭和町,南アルプス市,北杜市,韮崎市)

上記の接種対象となる方は、
平成27年 (2015年) 4月1日 ~ 平成28年 (2016年) 3月31日 の期間に
公費助成 (お住まいの市町村によって助成金額は異なります) を受けて接種が受けられます。
また、定期接種となる前にはお住まいの市町村に所在する医療機関でしか公費助成を受けられませんでしたが、
現在はお住まいのない市町村の医療機関 (例えば隣町のかかりつけ医など) でも公費助成を使用してワクチン接種が受けられます。



肺炎、成人肺炎球菌ワクチンについて

肺炎球菌ワクチンは、2014年10月より成人肺炎球菌ワクチンの定期接種が始まり、今まで以上に皆さんに認知されています。
肺炎球菌ワクチンは打った方が良いのか?迷われている方もいらっしゃると思いますので、
「肺炎」「肺炎球菌」、「肺炎球菌ワクチン」 について少しだけ書かせていただきます。

実は 「肺炎」 と名のつく病気 (疾患) はたくさんあります。
聞き慣れない病気が多いので、「〇〇〇肺炎」 と言われると、どれも所謂 「肺炎」 と思ってしまいます。
例えば 『間質性「肺炎」』 や 『器質化「肺炎」』、『過敏性「肺 (臓) 炎」』 や 『好酸球性「肺炎」』 等 が思いつきます。
どれも 【肺】 に炎症を起こした病気ではありますが、原因や炎症部位 (肺の中の微細構造の部位) が異なっており、
治療方法も異なります。
この中でもただ単に 「肺炎」 といった場合は、通常 【細菌性又はウィルス性】 【肺胞性】 「肺炎」 のことを指します。
【細菌性又はウィルス性】 は原因を、【肺胞性】 は炎症部位を表しています。

炎症部位は大雑把に 【肺胞性】 と 【間質性】 に分けられます。
肺に炎症を起こす原因は様々ありますが、大きくは 【感染性】 と 【非感染性】 に分けられます。
感染する病原微生物はほとんどが 『細菌』、『ウィルス』、『真菌 (いわゆるカビ)』 に分類されます。 
肺炎球菌はこの中でも 『細菌』 に属しています。
今回は肺炎球菌ワクチンの話題なので、細菌性肺炎 について書かせていただきます。

肺炎 日本人の死因の第3位 (2013年厚生労働省人口動態統計(確定数)より) となっており、
抗生物質が発達した現在でも決して侮れない病気の一つです。
肺炎の中でも通常の生活をしていて (つまり入院や入所した状態ではなく) 罹患するものを 「市中肺炎」 と言います。
この市中肺炎の中で、原因菌として最も多いのが 肺炎球菌 (Streptococcus pneumoniae) です。
肺炎球菌 が原因の肺炎は高齢者、非高齢者いずれでも頻度が高く、特に高齢者で重症化することもあるため
予防方法の一つとして 肺炎球菌ワクチン が重要となっています。

定期接種で使用する 肺炎球菌ワクチン は、23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン です。
このワクチンを接種することで、肺炎球菌に対する免疫機能 (抗体) が5年以上持続すると言われています。
副反応としては、接種部位の赤み、腫れ、痛み、熱等や発熱、倦怠感 (だるさ) が出現することがあります。
ほとんどの場合、3~4日以内に治まりますが改善しない場合は接種した医療機関に相談しましょう。
効果が5年程度なので、5年以上経過すれば再接種を受けることができますが、公費助成はありません。
5年以内に再接種を受けた場合は副反応は強く出る場合がありますので、お勧めしません。

肺炎球菌ワクチン はあくまでも 肺炎球菌による肺炎等の感染症を予防し、重症化を防ぐワクチンです。
全ての肺炎を予防するワクチンではありませんので、
接種後もうがい手洗いや時期によってはマスク着用等での肺炎予防が大事なのは変わりません。



123

アーカイブ

このページのトップへ